変化

人の変化とか自分の変化についていくのに必死な日々だ!

 

犬のことや卒論など、ようやく落ち着き始めた。改めて接してみたものの変化を通して自分の変化を知るような年末年始だった。

 

回数や量で愛を測るのは「どうだかな?」と思うけど、好きな人にはたくさん会わないと意味無いなと思う。それがリアルな彼氏だろうとバンドマンだろうと。いや、リアルな彼氏なら合わずとも「愛がある。」の一言でどうにかなるかもしれない。バンドマンやアイドルならば、やはり会いに行かないと行けないと思う。

会いに行くというか、お金を落とすというのか。

「質より量」というのか、遠くから来てるからえらい!とか、回数行ってるから偉い!とかそういうのは馬鹿みたいだなと思うんだけど。(他人から「すごいね!」と言われる分には良いと思うが自分発信でそういうこと言う人は地の果てまでだせぇと思う。)

まぁでも好きなのに会いに行かないのは馬鹿だよ。様々な事情で「会いに行けない」のは別として。いろんな個人の感情とかこねくり回して行かないのは馬鹿だよ。とりあえず会いに行っちゃえよ。と思う。なんとなーく会いに行きたくないとかそういう日は黙っとけよ。(なにかに不満がある文章)

私がこんなこと思う日が来るなんて思わなかったなー。うん。何があるかわからないよ。

 

憧れてた人が憧れじゃなくなったり、下を見て安心したり、生きてて背負う負の要素を全部背負ってる感がすごい。つかれる笑。

憧れだったあの人、本当に落ちてしまったなぁ。悲しいなぁ。彼女はきっとこれを読んでないだろうけど。今はどこかの誰かの憧れのようだし。世界は回ってるなと思うね。

いぬ

明けましておめでとう御座いました。

 

年開ける前に話していた我が家のいぬだけど、一昨日あの世にゆきました。

これは完全に今の気持ちを忘れたくなくて書いてるものである。

 

最後は寝ながら死んじゃったようで、「若しかしたら激しく痙攣なんかするかもね。」と言われていたので、苦しまずに(見た目はね!当事者は苦しかったかもしれないけど)死ねて良かったのかなぁと思いました。

我が家に来てから17年?私が小学一年生の頃に朝起きたら突然リビングにいてびっくりしたなぁ。もともと別のおうちにいたんだけど、その家がちょっと厳しいというか。虐待気味というか。その上「もういらない。」とか言い出したところを親戚がぶんどるように連れてきたらしい。しかしその親戚の家には要介護の犬がいたり、他の家ももう既にいるペットで手一杯だったりでそれを見かねた父がまたまたぶんどるようにうちに連れてきたようです。波乱万丈だったな笑

家に来た当時、生き物を飼ったことのない&朝起きたら知らない犬がいることを知った母は「私は絶対世話しないから!!」とブチ切れてたんだけど、三年目には一番世話してる人になってました。まぁそんなもんか!

私も小さかったし犬もまだ子犬だったし、1年くらいはパジャマを齧られ穴が開き、私は泣きそれを犬が追いかけるなどしていたけど二年経てばお手おかわりお座りができるようになってた。

東日本大震災の日、まだ中学生で不登校をしていた私は家にひとりでいたんだけど両親が帰ってくるまで半泣きになりながら犬を抱えて避難の準備をしたりもしたなーー。

不登校してたこともあって総合的に私が一番長い時間を過ごしたんだけど、一緒にいすぎてお互い存在機にしてないというか。絶対私のこと下に見てたと思うんだけど笑

 

ココ最近突然倒れた日も私だけが家にいてタクシー読んで病院に駆け込んで、「お姉さんが連れてこなきゃこの子死んでましたよ。」って言われて、その後死ぬまでの3週間クソまずい薬を飲まされたり点滴を打たれたり粗相をして申し訳なさそうな顔をしたり、私が運んだせいでこの子は不幸じゃないだろうかあの時死んだ方が良かったんじゃないかと思ったりしたけど三週間猶予があって、もう食べるんだったら何でもあげてくださいって言われてたから人間用のプリンとか食べさせてあげられたり家族で過ごす時間も増えたりして良かったんじゃないかな、よかったと思っていいっすかね?笑

死んで、どんどん硬くなるいぬをみて「なんでこんなに固くなるんだろうなぁー。」とか、「鼻と肉球は柔らかいなー」とかそういうことを考えていた。都合がついたので翌日すぐに焼いたんだけど骨になったらものすごく小さくなってて、骨が変色してる部分は「胸が悪ったかもしれないですね。」って言われて、心不全で倒れたから、死んで骨になってもそうやって痕跡が残るくらい悪かったんだなぁと思ったり。

アメリカにいた妹が帰国するまで生きてたり、最後の最後も母親が夜勤終えた翌日に死んで、しかもその日は社会人の妹がたまたま有給取ってたりでもしかしてタイミング読んで死んでくれたんじゃないかな。さすがうちの家の子だな。

 

死んですぐ、家の中を掃除した。

あんなにふわふわ舞ってた毛も一気になくなってもうコートに毛がついたのをコロコロしなくてもいいんだなと思うと寂しかった。うっかり床にお菓子を落としても飛んでこないし。

 

明日からまたそうやってたまに現実がある見えちゃうんだろうけどみんな楽しくやってるからね。早速ピザパーティーしたし。

たまには化けて出てくれてもいいんだからね。あっちにいる先に行った近所のいぬたちと仲良くね。

 

 

今年もたくさん

無事にライブ納めをしましたので、きっと今年最後のブログです。

 

このブログは誰が読んでるんでしょうか。

わかりませんが、とりあえず2017年わたしに関わってくれた人たちへのお手紙ということで読んでください。(あとでリンク付でもしようかしらね)

 

今年もたくさんありがとうございました。

どのような関わり方をしたのかは個人差があるので割愛させてもらいますが、わたしは楽しかったです。

わたしは中々人と関わるのが苦手で、本当はふざけたりすることがとても好きなのですがそういう部分の出し方が未だによくわかりません。

「きっと私のことは嫌いだろうけどみんな優しいからこうしてくれるんだ。」などと思っているし、それはきっと事実でもあると思います。

そうやって色んなことを管理しきれないことを自覚をしているので、友達は増やさないことにしています。気分屋だし、自分の気持ちで粗悪な態度をとってしまうこともあるだろうし、幸いなことにバンギャルであることは人生の本業ではないので、人付き合いする部分を自分で選べます。誰が好きで誰が嫌い、そういうことをはっきりさせられることが出来ます。

社会生活を送っている時よりは 損得で付き合ったりなどしなくていいので、私が話しかける相手は当たり前のように好きな人だけですし、反対にスルーしてる人はあまり合わないな!と思ってる人です(言わんでいい)

医療機関でもそういう系の病名というのは診断されにくいらしいんですけど、まぁ中学生くらいの時から「○○でしょうね。」と言われ続けてきた病名というのがあって、明確にどこかが痛くなるだとか、そういうのがないので自分自身も忘れてしまうんだけどあれができないとかこれができないとかそういうのからみると高確率で私は明確なソレで二次的に起きたもののせいで薬を飲んでいたりもしたけど本質的なものを直すのは今現在は無理らしい。

そういうのと付き合い続けて10年になろうとしてるけど、なかなか諦めもつかずそしてそのこと自体も時たま忘れる。

就活という大事な時期にそればかりに目がいってそのことを忘れてたせいで今に至る。

けど明確な何かがないからソレのせいにしたくなくて、相変わらず「自分だって出来るはず!」と思い込んでしまう。そろそろ本当にできないことを自覚すべきなのに!!!

 

そんなこんなで人間関係も本当に苦手なんです。人の目を見れない、会話の流れを読めない、だけど自分のことをよく喋ってしまう、自覚が出てからは会話の方法を考えながら話すようになったけど、疲れるので他人に興味を持てなくなる。はい!自分語りが多い!説明しないと分かってもらえないんじゃないかってとっても不安になるんです!!!!

けどこういうことって別に説明しなくてもいいじゃないですか。聞かれたらいうけど。(そもそも聞かれることなんてほとんどないけど)自分からいうとやっぱり「○○だから容赦してね♡」みたいになるし。それ嫌だし。

だからそんな中でも私とすきで付き合ってくれてる人、別に好きじゃないけどなんとなく付き合ってくれてる人それぞれすごいなー!と思うわけです。ありがとう!!!!

 

病気が治らないと歌う人がいますが、ほんとに治んないですよね。一生治らないらしいですし(医療の進歩に期待)

彼ら、彼女らも私と同じ「本気で治んねぇんだよ💢」なのかは知りませんが、病名のない何かは意外と病名あったりするんだよな。

 

話がそれたけど。

私が(一般的な人から見れば)怖いくらいに誰かや何かを好きになってしまうのもその特徴らしいので、ということはそれも一生治んないわけで、一時の狂った好意とその特性を認めてくれる人を好きになり続けたいなぁとも思いました。なかなかいないだろうけど、バンギャルというのはそれをするのにとてもいいシステムだと思うのでわたしはバンギャルになれて良かった。

 

最後の最後とてよく分からない文ですが、とにかくそんな感じながらも今年も楽しかったでーすいぇーい✌🏻️✌🏻️

来年のことが全く読めませんが!まぁどうにかなるでしょう。今までもどうにかしてきたし。

とにかく皆さん良い大晦日をお過ごしくださいね✌🏻️来年もよろしく!

日常とは

一週間ほど前、我が家で飼っている犬が倒れてそれから家族全員神経をすり減らすような日々を毎日送っている。

ゆえに、全員毎日疲れている。笑

 

もうだいぶおじいちゃんなことや、倒れた時に病院で精密検査をしてもらったら病気的なものもたくさん見つかり、数日前にはもうなんの治療もしない方がいいかもしれないと言われたので家で介護をしている。病状的に、最後は激しく痙攣を起こすかもしれないと言われているので、いぬが少しでも唸ったり動いたりするとハッとするし、その度に冷や汗が出てこっちの心臓が止まりそうになる。

 

クリスマスだったのでいつものお肉屋さんで買ったチキン、今年は奮発して買ったケーキを食べたけどなんとなくあまり美味しくない気がした。

状況も状況なのでみんな明るく振る舞うんだけど、ふとした瞬間の沈黙がいつも以上の沈黙で、それにも精神が削られる。

基本的に私は周囲の空気が明るくないとやっていけないタチで、特に家の中がそういう状況なのは耐えられなくて、昔からそういう時ほどいつも通りに過ごそう精神が強く空気を読まずに(あえて読んでないんだよ!笑 )いつも通りにテレビを見て、いつも通りにニュースにケチをつけ、という日々を送ってる。まぁ!これが疲れるんだな!勝手にやってるわけだけど!

 

何かがなくなっても、死ぬとかその場から居なくなるとか、こちら側が生きていかなければならない事には変わりなくて、世の中にはどん底まで落ち込みたい人もいるだろうけど、落ち込んだままでは生活出来なくて、人間というのは周囲の空気に流されやすくてみんな落ち込んでたら落ち込みっぱなしになっちゃうのはよくないと思うしそういう時に空気読まない奴がいてもいいよね?と私は思うし、そういう存在は私は有難いと思うので、わたしはそれをするしかないのだ🐶

 

以前、両親が離婚した時母親に

「あんたはいつでも明るいというかなんというか。喧嘩しても翌日になったらケロッとしてるしまぁそれがいいとこなんだろうけど。」

と言われた。それでいいのだ。わたしの思うつぼなのだ。悪く言われようが、わたしがそれに耐えられないから明るくするだけなのだ。

別に私が悲しんでるところで世界は変わらないし、結局他人は他人なので悲しみを背負うことはしてもらえないだろうし、(わたしも誰かの悲しみを背負うことは出来ない)だったら明るく過ごそうぜ!美味しいもの食べてお笑いみて笑おうぜ!日常万歳!ってしてた方がちょっとは気が楽なのではないだろうか。

まぁわたしだけの理想論かもしれないけど。

 

 

そんなふうにごちゃごちゃ考えてるせいでいつもより睡眠の質が非常に悪い。

そういえば音楽をまともに聞くこともここ一週間してなくて、意識すると猛烈にいつもの曲を聞きたくなって、でも疲れてるので大きい音は聞きたくなくて、一昨年のぶうさんのアコースティックぱやぱやを聴いてたんだけど秒で眠れました。あと朝まで一度も起きなかった。

 

ぶうさんにはセラピー効果があるみたいなのでみなさんもお試しあれだよ🐷

不登校が大嫌いな元不登校

今朝、久しぶりに不登校に注目した番組を見た(イチコーナーとして紹介されていただけだけど)

 

あー、またか。と思いつつ家を出る時間までまだ少しあったので観た。何も変わってなくてうんざりした。

 

大丈夫だよ。そうやってどんな形であれ群れることが出来るやつはいつか社会復帰できるから。

不登校というのは虐められた、勉強ができない、部活で、いろんな理由があるけど孤独感から来てるんじゃないのかなぁと思う。群れることが出来なくて辛い。みんなと一緒に出来なくて辛い。だから行くことを努力したり、別のコミュニティ(フリースクールとか相談室とか)に属そうと頑張るわけだなぁ🤤たいへんだたいへんだ。

 

わたしは群れることに関して「嫌💢」ってしてたので、だからとくに孤独感もなく尚且つズル賢かったので「義務教育?勝手に卒業させてくれるシステムでしょ?」とか言ってたので、学校に行かなければいけないという強迫観念的なものもなくて(ダメだけど)家で気まぐれに勉強したり絵を書いたり映画を見たりひとりで出かけてみたりしてた。

もーそんなもんでいいじゃーーん!?!?べつに!?!

 

そうやって一生懸命に群れようとしてる人って偉いとは思うけど、気持ち悪い。

せっかく群れから離れたんだから、ひとりで生きるすべを学んだらいいのに。

人生で一人で何が出来る期間の方が少ないんだよ。わかるか!大抵はむれなければいけない!

 

みんなと一緒ができない人はさ、そうやって一人の時間を与えられた、そんな恵まれたボクって思うことと、ひとりで生きるすべを学ぼうって思考にチェンジできたら楽なんじゃないかな。まぁ協調性はなくなるけど。(私だ!)

 

協調性はあるけどひとりじゃ何も出来ないって人の方が余程多いよ。悲しいね。

 

家にこもってたけど両親は共働きで、朝晩はご飯を用意してくれてたけどお昼は「適当にやってください」って置き手紙が置いてあるだけだったから料理をし始めたし、使ってたパソコンがトラブル起きても人に聞きたくない(会いたくない)から自力で調べてエラー直したり、暇すぎて家事をしてみたり……

今なんでも卒なくこなせることって一人だったから身につけたスキルも多い気がするんだよなぁ。協調性はないけど。(大事なので2回)

 

協調性は身につかないよ!?

多分私は恵まれてるので、協調性がない事で苦労したってことはほぼないね。あーこれは協調性あったら楽だったか?程度。そんなもんだよ!

 

甘えるな!とか言わないし逃げることも大切とも思うけど、世間は逃げることしか教えてくれなくてその先を教えてくれない。

ニュースは逃げた先の選択肢がフリースクールや相談室だけじゃないことをもっと教えたほうがいい。ぜーんぶちゅーとはんぱでイライラしちゃうわ😡もっとちゃんとしてよね、ぷんぷん。

12.6 TSUTAYA O-WEST

主催ぶりのライブだった。
旅行後だったけどいっぱい人のいるライブでとても良かった。(語彙力の欠如)
去年も旅行直後(去年は翌日だった。アホみたいなスケジュールだな…)で、でもAREAのいわゆるみたいな、主催でもなかったしバンド数も多かったので昨日のようなイベントではなかったと記憶しているー。

マイナス人生オーケストラ
最近はマイナスでも前方に行くことが多い。自分が元気で何よりだな…と思う。
前回えんそく主催で観た時はか弱い少年のようなもとはるが観れたのでとても嬉しかったのだが、この日はクソキチガイのような頭のおかしそうなもとはるを観られた気がしたのでまた別の充実感があった…。
いつだか少女雨のヲタ芸を「おかしい動き」みたいに言っていたけど、もとはる自身もイントロでくねっくねしていておかしかったのでおあいこだよ!と思うなどした。
裸の有様の「私一人死んで世界平和」の部分を熱量込めて口パクしているのがとても好きなのでそれも観られてよかったなぁ…。
マイナスの振りは「ぽさ」が強くていいなぁと思う。えんそくのくるくるモッシュみたいな?そんな感じ。どぐまぐやだいぶふぉーゆーである向かい合って咲く振りもそのぽさがあるので、照れるけど好きです👼

LIPHLICH
ほんっっっとに久しぶりに見た気がする。タイミングがあってた時はしょっちゅう見てた気がするんだけど。(ジャック含め)
見世物小屋感が強くなっててとても良いな…と思った。あと久しぶりに見てLIPHLICHってヴィジュアル系感ないなぁと感じた。あんまり異種格闘してるイメージないけどLIPHLICHこそそういうの向いてそうだな…と思ったし、野外フェスで青空の下のくがしんごとか超見たいなと思いました。
あとあいかわらずタッキーの顔が好きだーー!!!

ノイズ

音圧かやばい(感想文)
あと何故かノイズだけめちゃくちゃ時間長かった感覚だったけど、流石だなあとおもった笑
エンジェルさんがだいたいエンジェル👼

DOG in theパラレルワールドオーケストラ

初めて観る。今年は初めて観るバンドが多かったなぁ…。どのバンドも楽しくてそういうバンドは長く続いてるところばかりでやはり理由があって10年とか続いてるんだなぁ。
DOGさんは私がバンギャルを始めた時から雑誌などによく出ていたから知っている、「芸能人枠」なので、「ほわー芸能人がいるー。」みたいな感覚で観てしまった。想像よりたくさん動くバンドで、WODもあった。
印象的だったのはベースのメイさんで写真となんの代わりもなく、生身でPhotoshopかけられてるかのような顔面の持ち主だった。
今回は後ろで観ていたけど次回はもっと前の方でみたいなーと思うバンドだった。

えんそく

旅行ハイが抜けきれなかったのと、何故か地のテンションが高かったのでアホみたいに騒いでしまった。
まず新SEが好きすぎる。わたしがえんそくに行き始めてから出たSEで一番好きかもしれない。
マッケンローは何度聴いてもぶち上がれるので最高。頭のスイッチを壊すのに一番いい。
机上の空論は久しぶりだった気がする。最近は「今日の運動」がずっと同じなのでそろそろその日限定変わり種運動が見たいなぁー。クラオカユウスケのスクワットはスクワットでないのが好き。ミドさんはよっこらしょ感がある。
旅行の合唱で歌った改造人間をやったのでまたその時の気持ちが蘇った。そうじゃなくても久しぶりにライブで聴けたのでとても嬉しい。改造人間は勝手に振り付け作りがちなんだけど、個人的にとても気に入ってるので今後もやって行きたい。
中二病の救世主はまだ振りが固まってないので好き勝手やった。この振りが固まるまでの期間が大好き…。ミドさんのラッパソロは「わたしも飛ぶ!」みたいな気持ちで咲いてたんだけど、あれは楽しいので推奨していきたい。
チェンソーは行きの電車で「もう聴けないかなー」などと考えていたので、その日中に願望が叶った笑。よく考えると音源リリースか7月末、新コンセプトが11月中旬なので、およそ3ヶ月しかチェンソーの期間がなかったわけで、(個人的なことでいうと夏のクラッシュ行かなかったのでそのせいもありあまり聴いてない)今後ももう少し聴けそうで良きかな。
チェンソー前、暗転してイントロとともに赤い照明がつく。その中でじわじわ口角が上がっていくぶうさんがそれはもうかっこよくて、そういうぶうさんを見ると人の目とか振り付けとかどうで良くなってその様をどうにか脳みそにぶちこむのに精一杯になる。
MCも絶好長だったしライブもかっこよかったしとても良い日だった。

あといろんな人と珍しくたくさん話したので疲れた笑
あとは年末の寺子屋忘年会だけなのでそれまでいろいろ頑張るぞい🤯

余談の余談

旅行中、あるツイートが話題になって他のバンドの方からのえんそくの見方が変わっていってたのがすごい悲しいなーと思っていた。

 

帰ったということに間違いもないし、私が心の底から楽しんだ事実も間違いないと思う。幸いなことに、私の周りの人たちはみんな楽しそうで、運が良かったなぁと思う。

 

ほんとに、何が悲しいって旅行中、みんなが楽しみすぎてTwitterに触れていない時にそのツイートが拡散されて(実際私が見たのも数時間あとだった。周りの人もそういう人が多かった)その短時間のあいだに「えんそくの見方変わったわwww」「えんそくの旅行地獄じゃん。」などのツイートがくりひろげられていたことだった。

旅行が終わり、何を呟いても「信者乙www」という感じで見られているのかなぁ……と思うとすごく虚しくなった。

 

宴会芸が死にそうになってたことも事実だったけど、私が、私の友達が、「でも総合してみたらすっごい楽しかった!」ということも事実だ、ということをその「見方変わったわwww」と言っていた人が知ってくれてたら嬉しいなぁーと思う。

いや、ほんとにしんどかったけど!!!!

わたしはしんどすぎると睡眠ができなくなってしまうんだけど、その一日目が終わった日は2時間も寝られなかったし!

私はまだ社会人として生きていないので何を言っても説得力が無いかもしれないけど。

誰かが言ってた「バンドマンはいろんなものに縛られてる社会人を知らなさすぎる。」というツイートには、「でも普通に働いてる人もバンドマンのこと深く知らないからお互い様じゃん!!」ということを声を大にして言いたい。どっちも大変だよ。そんなの。

 

ここから先は、起こったことに間違いはなかった、私の主観ということを念頭に置いてもらいたい。

 

こんなの誰もがわかってると思うけど、なにかの出来事に全員が同じ感情を抱くことなんて出来ないということ。

わたしは22年の中で大多数と一緒に楽しむことが出来ないことの方が多かったので、帰ってしまった方がでたという事実もものすごく良くわかる。

わたしは、もうそのへんの諦め?というものがついてしまっているのか、みんなが楽しぃー!!としてる時に自分が楽しめなくても「あぁ、今日は楽しめないサイドの割合に入ってしまったんだなぁ。悲しいけど、次は楽しめたら良いなぁ。」と思うだけというか。

何事も割合で決まってると思っちゃってるから、今回は運良く、総合評価が楽しかった多数派に入れたのかなと思う。

 

私だって不満だっていろいろあったけど積み上げて行ったら楽しいの方が勝っちゃったからさ。

なんかもう!しょーがねーじゃん!としか言えないわ!!笑

 

帰っていった人たちはもうえんそくに来ない、と言ってるわけだし。世界は割合だからその人達の代わりはそのうち現れると思うし。

彼女たちのなかの「えんそくがいたポジション」も、きっとそのうち埋まると思うので、双方が幸せな人生送れたらいいなぁとおもいます。

以上です。