ボヘミアン・ラプソディ

 

久しぶりに映画館に行って映画を観ました。

仕事終わるともう疲れちゃってすぐ家に帰りたい、休みもだいたいライブハウスみたいな生活をしてるので中々行かないんだけど珍しく何も無い水曜休みだったので行ってきました。

 

いやぁ!もう!最初から最後まで泣いたよね!でも同じくらい笑ったし良い映画でした。

 

構成は作ってるとこがグレイテストショーマンと同じとこなのでほぼ一緒でした。王道だと思う。

わたしは最初のフレディがチャリティーライブのステージに上がる瞬間のあのシーンピアノの上にビールとペプシの紙コップが置いてあるのを見た時点で「こりゃいい映画だ!!!?」と思いました。信頼が置ける描写ですね。

 

QUEENが初めてのアルバム制作をしてる時にタムの上?にコインをばらまいて叩いてるのを見て某バンドのインスト曲を思い出しました。QUEENもこんなことしてたのか〜と思うとすごく親近感がわいた。

 

時代的にセックス!ドラッグ!ロックンロール!だと思うんだけど、前者2つがあからさま過ぎずで見やすかったです。たぶん日本人はあまり馴染みがないと思うので強烈に出されると「おう…」ってなると思う。

 

あとフレディが部屋着として着物の羽織を着ていたのちょう良かったですね。日本人として誇らしかったです。わたしもああなりてぇ。

 

フレディはゲイなわけだったんだけど、人の愛って性別に縛られるものじゃないなぁと思う。

結婚までした彼女を別れて新しい相手との子供も妊娠しても尚「僕の運命の人。」と呼んでいたのは、私がそれを愛だと言うには烏滸がましいくらい愛でした。そしてそれを彼女も受け入れていたし。

 

バンド好きはかなり入れ込んで見てしまうと思う。バンドマンは泣きすぎて溶けるんではないだろうか!?

 

私の中でQUEENって9歳の頃から乗ってる実家の車で流れてる外国の曲、という認識でした。

次実家の車に乗るときはもっとちゃんとききいってみようと思います。

土日記録

この土日はハイパー夜勤でした。月曜はお休みだったのでひたすらに駄目人間を極めました。映画見たりホットケーキ焼いてみたり…。

 

いつもは平日に入ってるんだけど先輩が用事があると言うので変わりました。

あまり土日には働きたくないなぁと思うのですが今月は平日に予定がありすぎるので仕方なし。

 

いうても暇すぎて映画を4本も見てしまいました。新しい方のITとアニメのゴジラ(三部作になってるやつ)

サボってたんとちゃうよ!待機してる間ほんとにやることないから映画みてただけよ!?

 

ITはおすすめの1番上にあったのでみました。怖くなかったです。グロテスクな描写苦手な人は嫌かも。わたしはご飯食べながら冷たい熱帯魚みれる人なので全然でした。

ホラーは嫌いです。リングとか呪怨とか…。ワッ!て脅かされるのがそもそも嫌いすぎる。人の10倍叫んでんとちゃうか?というレベルの叫び声をあげるのであまり驚かさない方がいいですよ。後悔するぞ。ジャパニーズホラーは全般的に苦手です。

洋画はなんとなくモチーフがポップだったりするからそういう目線でも観れるし、日本のやつほど粘着質じゃないからいいと思うよ。

怖くなかったなぁと言ってたら友人が昔のやつの方がいい!キャリーも昔のやつをみなさい。と言ってきたのでレンタル屋さんが近くにないわたくしとしてはなかなか難しいなぁと思うところであります。

 

アニメのゴジラは某さんがオススメ???レポを上げていたので観ました。シン・ゴジラ好きだし観れるかなって。

興味ない作品って開始10分で飽きちゃうんだよなぁ。やっぱり映画とかって頑張って観るもんじゃないなと思います。

こちらのゴジラに関しては全部みれました。面白かった。もっとゴジラ自体やその他アニメ作品をみてた方が面白いし理解が深まるとは思うけど。

エンドロール見てたら声優が凄いの、たぶんわたし位の年代から「声優ヲタ」なる部類の人間がいると思うんだけど、そういう目線から見てもなかなか豪華なんじゃないでしょうか。マモいるし。基準が宮野真守な時点で私の声優への知識が低いことが伺えますね。

声優が豪華だとこの年代は「あぁ、そういう人たちを釣りたいのね…」と思ってしまうふしがあるんだけど、事前情報それがなかったので(マモだけ途中で気がついたけど)邪な目で観ずにすみました。

アニメの手法とか本当に知識がないんだけど、最近の作品ってあんなにリアルに人間ぽく動くんだ…!と感心してしまいました。モーションキャプチャとか使ってんのかな。こう、なんていうかぬめぬめ動くよね。

ゴジラ自体が核とか人間の価値とはみたいにな所につながる作品だと思うからそりゃ流し見とか難しいんだけど、シンゴジよりもそれが難しいなぁと思いました。日本古来からある伝説的なのとか、いってもSFなので今より先の未来の技術とか、人間模様だとか、恋愛だとか男女だとか、考えることが多くて途中で「あああれはそういうこと!」ってなることが多かったのでなかなか目が離せなかったです。という意味で流し見は難しいですね。

そもそも映画を流し見すんなってかんじ。

 

あと途中で別の種族とどう考えてもセックスしてるところが結構がっつり描かれていて結局!って思っちゃった。最終的に子供出来てたし。生きるとは、を突き詰めたらやっぱそうなるのかな。生きるは強い命をつなぐが強いって言ってたし。その辺にこだわりないから別にセックスなくてもいいんだけど。

あとキスまでしてたおそらく彼女ポジ女がいるのに別の種族とそういうことしてて、男は…!って思ってしまいました。これは完全に女性としての目線での感想です。なにしてんねん、彼女植物状態やぞ。しかも最後は植物状態の彼女を抱いて機械に乗ってゴジラに突っ込まなかった?もういみがわかんないなぁ。。。

 

SFとか特撮って本当に通ったことがなくて今更ながら見てみたりてるんだけど、面白いなぁと思う。きっと見続けたら様式美とかが見えてくるんだろうな。

 

でもアニゴジは異種姦に全て持ってかれた感じがあるのであれいらないな。たぶんスタッフの誰かの趣味でしょう!(酷)

アケオメニスト!

明けましておめでとう御座いました。

皆様に置かれましてはお正月休みなどあるのでしょうか?

 

わたくしめは非常に楽しいアケオメを致しまして充実でございます。あと日々なんか食べてる。

 

2019年という数字の並びに驚きを隠せません。近未来を感じます。あと私が2回目の年女になることを母親がドン引きしていたので失礼な!と思うなどしています。

 

未来に思いを馳せつつも昨年をざっくりと振り返ってみたいと思います。

 

1月

18年連れ添った愛犬が急に具合が悪くなってそのまま旅立ったりなんなりで忙しなかったですね。私も卒論書いたり就活したりで家を空けることも多く精神がぎりぎりのとこだったなぁという記憶がある。そりゃ寂しさと悲しさもあったけど、介護が結構大変だったので終わったあとはとても安心しました。突然死以外の死って意外とそんなもんかなぁと思います。

卒論は月の後半に無事書き上げました。先生に無駄な文が多いから1万字くらい削って❤と言われた時はですよね…!という気持ちと共に1万字とか殺す気か!?と思いました。だって1万字削ったら規定以下の文字数になったんだもん。でも文章の短さというのは大切だと思います。上手い文章ほど。から。までが短いですし。今こうしてブログを書く時にもバンドマンへお手紙を書く時にも意識したりしてるし、そういうのを「1万字削って❤」事件には学びました。

卒論に関してはドラマ撮ったりラジオ作ったりする中で唯一の論文勢だったので比較対象もいなくて心細かったなぁと思いましたが、先生達には「論文だけで戦うやつもいたぞって前例ができたからいいんじゃね?」と言われました。まぁこんなやつ中々現れないと思うけど参考にしてください後輩達。

 

2月

全ての授業も終わり卒論発表も終わりあとは取得単位数が確定するのを待つのみの2月でした。多めに取ったつもりがギリッギリ足りてる単位数で卒業でした。大体そう!だいたいギリギリ!!尚前述の通りこの時は就活をまだしてます。やる気失くしてほぼしてなかったけど。

バンギャル的には普通にライブに行ってたので親の目がなかなか痛かったです。でも行かないともっと荒んだ生活してたと思うので行ってよかったと思う。

 

3月

もう卒業が決まってだいたい暇でした。先生には「まー就職しなくてもなんとかなるよ。おれも36までちゃんとした仕事ついたことなかったし。」というアドバイスなのか諦めなのかわかんない言葉を頂きました。

親との関係が過去最悪に悪く(そりゃそうだ)月末には就職決まったんだけどそれを伝えた瞬間も「…あっそう。」って感じでした。内心めっちゃ安心したぽいよね。(そりゃそうだ)だいたいスロースターターで何とかなっちゃうタイプだったからグダグダしてしまってすまんな。妹にはとっとと決めろよと言ってあげたい。まぁでも就職しなくても死なねぇから納得いくまでやったらいいとも思う。

バンギャル的にはアホみたいにライブを入れた上に名古屋遠征もしてました。名古屋は近所!

月末に都内で2日連続ライブ後そのまま遠征というスケジュールでした。帰ってきた瞬間に高熱出てまさか社会人一日目出社できない疑惑が出て死ぬほど怒られたんだけど、なんとか熱を下げて出社出来ました。

我ながらバカの極みみたいな新年度の始まりを飾ってしまったなぁと思います。皆さんはやらないように!

 

4月

仕事を始め、なんとか日々に置いていかれないようにするのが精一杯でした。なのでライブにもあまり行かず。それでも異様なスピードで駆け抜けた感じがあります。

週五日働くって大変なんだなぁ、大人って色々あるんだなぁ、わたしはまだ子供なんだなぁという気持ちになり、すこし寂しく悲しくなりました。

 

5月

月の前半に給料日の弊社ですので、この月に初任給を貰いました。祖父母、おば、家族を連れてご飯を食べに行ったのは感慨深かったです。

自分にはDr.Martensのメリージェーンを買い与えました。ガシガシ履き倒してるので買ってよかったと思う。社会人としての日々に終われながらも、バンギャ活動をガンガンし始めました。いやーたのしい。お金があるっていいですな!

 

6月

土日にも仕事に入るようになり、その代わりに平日休みを手に入れはじめて無敵の様相です。

仕事にも慣れ始めたな?と思った矢先、まぁまぁデカ目のミスをやらかしてしまい「でもまだ大丈夫よ!新人なんだから!」と上司達に宥められながらも死ぬほど落ち込むこと数週間、という6月でした。社会人には責任がつきものだなぁと痛感した出来事です。

バンギャル的にはちょっとだれつつあり、「なるほど就職して上がる人はこんな気持ちなのか…!」と思ったりしました。全然上がらなかったけどな。

 

7月

通勤電車に制服の子を見ることがなくなり夏休みを痛感したりなどした7月です。わりかし朝早く出社して涼しくなった頃に帰るのであまり夏を感じなかったな、と思いました。

平日休みを駆使して遠征などもしました。楽しかったなぁ!

でもやっぱり夏休みがないのファッキンってかんじです。今年からはちょっと取らせてもらえるみたいなのでまた遠征したいな。

 

8月

え、何してた…?ってくらい記憶が無いのでライブにも大して行かずに仕事してたんでしょうね。なんか、服とかも買った記憶とかなかったし何してたんだろほんと。

あ、本命の顔が好きだなぁ!と思いながら日々過ごしてたな。

 

9月

アーティズムマーケットに出たりしました。デコラちゃんで原宿ファッション系のInstagramに載せてもらったりしてよき経験でした。多分イベントでたりはもうやんない。デコラちゃんはまたやりたいかもしれない。

記憶を戻すのにこの頃のInstagramの投稿などを見てたんだけど、今と顔がちがくて!?ってなってる。なんでだ???

ばんぎょ的にも落ち着いた活動をしておりました。安寧。。。

 

10月

新人のくせに怒涛の四連休を取得しまして肉フェスに行ったりなど!肉フェス毎回楽しいな、肉美味しいし。

あと記憶に新しくえんそくさんの連続ワンマンに行ってみたりしてライブ本数的には当社比で多かったです。

社会人になり半年経ち、有給も出ました。ほんとーによかった。半年もちゃんと働けて。いまも辞める予定がないのはとても喜ばしいことだと思います。

ばんぎゃる的に初めてハロウィンのライブに行ってみたりして、メンバーが着飾ったりばんぎゃるが着飾ったりするのを初めて見たので楽しかったです。私も今年はしたいのでまたお願いしたいです。

 

11月

あんまり印象がないな、わりと最近なのに。

仕事でミスすることもほとんど無くなりひとりでできるもん!という状態になりました。喜ばしー。ばんぎゃるとしてはちょっと殺伐とした時期もありましたが、それなりに安定した活動を続けておりました。

 

12月

仕事でミスをするもちゃんとミスに気が付き対処できるようになって自分で自分の成長を感じられたことがありましたな…。ただミスはしないに越したことはないので簡単な作業でもひとつひとつを丁寧にやって行きたいな!とおもいました。

ばんぎゃるてきには記憶に新しく沖縄まで行きました。遠征嫌いのわたしが南の島まで行ってしまったのでもう何も怖くないな!ご飯も美味しかったし、気候もよかったし、ほんと楽しかったな。一人で行ったんだけど(現地には知ってる人たくさんいたけど)友達などと連番的に行くのも楽しそうでした。あんまりひとに気を遣いたくないから連番苦手なんだけどね。

ほんの数日前だし言っちゃえばもう今年の記憶なんだけど、数年ぶりにカウントダウンライブにも行きました。あんまり眠くならなかったし体力的にもしんどく感じなかったのが以外でした。

 

とまぁざっくり振り返ってみたわけですが、楽しい一年を過ごさせてもらいました。これもひとえに皆様のおかげだと思いますし、本年もよろしく頼む!という気持ちで沢山です。

ひとまず本日は原宿の方に出向き買い物を致します。仕事始めの方は頑張ってくださいませ。

人間を放棄すること

書き忘れを思い出した。

 

私が嫌だなあと思うことに理由がないこと、がある。例えば流行りものを流行りものだから可愛い!ということなど。

なぜ可愛いのか、このフリルが可愛いんですか?何故ですか?といいたくなる。好きを目の前にしたら理由なんて関係ないと思うけど、そんなことないと思う。作れよ!

 

なんでこんなに理由がないことが嫌なんだろう?とわりとずっと考えてたと思う。

中学に行かなかった時も「なんで行かなきゃ行けないの?」「義務教育だから!」「なんで義務教育だと行かなきゃ行けないの?」という押し問答を自分の中で繰り返してた気がする。

実際の義務教育って国や保護者が子供に教育を受けさせなければいけませんよ!というものなので、塾に行ったりたまに宿題を出してもらっていたので義務教育的なことはちゃんとしてたなと今は思うんだけどね!

高校に行く時もそう、でもあの時は「ちゃんと生きたくなった時に高卒の資格がないのはきっと困るから!」と超絶真っ当な理由を必死になって(ここ重要)説いてくれたのでちゃんと行きました。そうやって必死になって誰かが説得してくれることにその時はおぉ😇となったんだろうなあ。

 

恋愛もそう。興味ないからしないんだけど、みんな「経験しといた方がいいよ。」という。なぜしておいた方がいいのか?というとみんな苦笑いする。私は納得できる理由が考えつかないから今のところするつもりもない。

 

なぜそうなのか、なぜしなくちゃいけないのか、なぜしてはいけないのか。

誰かに「〇〇だからだよ。」と言われて納得できればいいけど大概のことは納得いかないから考え続けてきました。

だから、考えないでルールだからとか昔からやってるから、とかくだらねぇ事にスムーズに乗れる人があんまり好きじゃないしイラッとするんだよね。これは今年発見できて良かったことです。

なぜルールを守れる人にイラッとするのか、の理由を考え続けた結果が自分で見いだせてよかった。いうても本を読んだからなんですけど。

 

その本は「なぜ人を殺しては行けないの?」という問いに「そうやって聞いてくる人は殺すなって言ったら殺さないだろうけど殺せと言ったら殺してしまう可能性がある。そういう疑問を他人に答えを出させようとしてるから。」というニュアンスで答えていました。これって全ての疑問に対して通じる答えだと思います。

考えることを辞めたら人間ではなくなる、とも書いてありました。

わたしはその片鱗をなんとなく小さい頃から感じ取っていたから「理由がないこと」が嫌だったんだろうか?と思いました。

大人になったから治るもんでもないし、なんなら職場でもめんどくさいどう考えても端折れる工程なんでやるのかしょっちゅう上司に聞いてるしな。(さすがにトゲのある言い方はしないけど)

 

ちょっとまとまらなくなってきたけど!

この年の瀬に自分の中でモヤモヤしてたことが解決してよかったな!とおもいまちた!

スッキリ年越し!

え!もう年末!

びっくりした。

 

今年はどんな年だったでしょうか。

個人的には長きに渡り続けて参りました学生を終え、社会人になりました。

バンギャルとしては最近の思い出ですがライブを見に沖縄まで行きましたよね。遠征嫌いの私が飛行機乗ったので私が一番びっくりしてるよ!ちなみに1月にも大阪に行くし3月に京都も行くのでおよよ?ってなってる。

 

ざっくり今年の振り返りをすると

・お金を手に入れても手に入らない精神の余裕

・時間が増えた

・子供返り酷い 

・髪色がフィーバー

 

お金が手に入ったことで先々のチケットをちゃんとご用意するようになったので計画性と呼ばれるようになりました。しかし精神の安定はあまり得られなかったので、多分私は富豪になっても夜泣きをするでしょう。

時間が増えましたね、安定して週に2日絶対休みがあるのすごい。大学生の頃は大学行きながらバイトもしてばんぎゃるもしていたので案外時間なかった。それはそれで楽しかったけどたまになんもしたくない日があっても何かあったから結構忙しなかった。

子供返りが酷かったですね。というか、みなさん私を甘やかすの上手いですよね?それが悪いのもありますね!はっはっはっ!!

社会人とは思えない髪色をしてました。紫に始まり今ピンクです。インナーなのでセーフだろ!怒られてないし!

 

まぁ総じて自由が増えた気がします。よいですね。楽しかったですね。

来年もゆるく自由にいきたいなぁ〜。ねむ。あしたはうん年振りのカウントダウンです。

等しく尊い

3年ぶり?に東京ドームに行きました。

天下の嵐のコンサートだよ!

 

前回行った時はもんのすごい演出が凝ってて「これが日本のエンタメ最先端…!」という感じだったんだけど、今回は20周年のコンサートということで、ソロ曲やユニット曲もなくて終始5人で出ずっぱり、なので衣装チェンジも演出もすごくシンプルでした。いうてもドームでジャニーズなので凄いことには変わりないんだけどね!

 

20年って凄いなと単純に思いました。SMAPも解散して、脱退や不祥事が続いたので尚更そう思うのかもしれない。

いやでも純粋にひとが生まれてから大人になるまでと同じこと年数歌って踊ってをやり続けるってすごいと思う。

 

いわゆる天井席に近い場所だったんだけど、それでも凄かったよね。双眼鏡で見るとテレビでいつも見る人達が動いて踊って歌ってて、私がいちばん感動したのはたまたま松潤が自分に向けられたうちわを見つけてファンサをしていた瞬間を見てしまったことですね。あの子生きてるかな。「されてたよね!」って言ってあげたい笑

 

嵐のコンサートはペンライトが演出にも使われていて、あちらの思う通りのタイミングと色に光るので凄いんですよ!これ多分生で見ないと凄みが伝わらないと思うんだけど!

5万5000人中ほとんどの人がそのペンライトを持っててみんな一生懸命嵐に向かって手を振ったりジャンプしたり、健気って言うのは違うのかもしれないけど尊い!と思いました。目の前にいた女の子たちが泣いたり笑ったり忙しなくてそれもとても良かった。

 

前日にマイナス人生オーケストラのライブにもいってて、そのペンライトの光を見ていたらマイナスのライブのことも思い出した。

等しくどちらも光の海が綺麗でした。

どちらかというとマイナスに対しての方が思い入れが強いので、ウエストで見た光景の方がグッときたんだけど!でもきっとその場にいる人たちの気持ちはアーティストの規模や年齢や性別問わず尊いんだと思った。

 

あと「僕達をここまで連れてきてくれてありがとうございます。」と言っていたり、「初めの頃なんてコールアンドレスポンスもしてもらえなくて!笑」と笑っていたりして、どの界隈の皆様もそういうところを通るんだなと思った!笑

嵐でさえあるんだよねぇ!そういうこと!

面白いというのは違うかもしれないけど、コンサート自体や、MCなどにいつも行く界隈を重ねることが出来たので、嵐の皆様を身近に感じられました。

 

こう、ライブ結構な回数行く民族なので慣れてしまってんだな!ということも痛感しましたので、大好きな方にはずんずん愛を伝えたいと思いました。ダレるな!!と自分に喝を入れようと思います。

 

 

全部本当になっちゃうよ!

とっても楽しい気持ち!

ゆえに、すごくさみしい。

 

こう、彼らの解散は頬をかする銃弾のようですね。即死はしないけど、肝が冷えるしじわじわとショックが大きいというか。

頑張って最後の日も大阪行こうかな。きっと行くかなぁ。

 

大好きな人がいなくなる人生ですよ!

その重みがわかって謝ってくれる人も、わからずに踏みにじる人も、それぞれです。

 

最近は全部がごっこ遊びなんだなという認識でおります。

とかいいつつ、時たまどうしようもない気持ちになって「あ、ぜんぶげんじつだ。」となるんです。

全部ごっこ遊びだったらいいのに。

 

それなりどころかとてつもなく楽しい人生だけど全部全部いつか無くなるのかと思ったらなんだか虚しい。自分だっていつかは死ぬわけだし。

 

全然関係ないけど、某バンドの目線カメラ、サイドカメラの動画を見たんだけど客席が写ってて、あれを見えるなんてバンドマン羨ましい!ってなりました。ばんぎゃはみんな一生懸命好きなバンドマンを観ててかわいいなあ!と思いました(自分が行ってないライブだから尚更そう思うんだと思う)

バンギャくそが(自分含め)と思ったりもするけど、あらためて可愛い生き物だと心の底から思いました。

あとああいうふうに見えてんだ…!とすごくためになったので今後のフロアでの在り方みたいなものを振り返るのによかった。

こう、バンドマンがバンド辞めたくないな!と思っちゃうような笑顔と楽しみ方でフロアで迎えたいなと思いました。いまは自分が一番楽しいからそうしてるだけだけど、結果的にそうなってればいいな。

 

嘘だったらいいことほど本当だし、本当の言葉だと思いたいことほどニセモノ!