聞かせて未来の話

フォロワーが「2017年8月20日は二十世紀少年で地球が滅亡する日だ!」と言っていてそうだ!となった。私が知りうる限り、フィクションノンフィクション問わず具体的な世界の終わりを示していたのはノストラダムスと2012年のマヤ文明のヤツと、二十世紀少年だ。

 

1999年のノストラダムスは残念ながら記憶にない。

2012年の12月22日の夜。日付をまたぐ瞬間ベッドの上で時計の針が23日になるのを見ていた。割と本気にしていたと思う。ポジティブではなくネガティブな方に。

わたしまだ誰のこともすきになったことないし、そうだ好きになったバンドを観にいったこともない。まだやりたいことがある人を滅ぼすなんてどういうことなんだよ!みたいな。まぁ今は知ったこっちゃないっすけど。

 

自分が死ぬ時のことを考えると血の気が引く。自分という存在が滅亡した時のこと。大好きな人が死んだ時のことを想像しても「あんまりよくわからないなぁ。なってみないとわからないなぁ。」とか思うんだけど、自分のことになるとただ「こわい」という感情に支配される。記憶も感情も無くなるから「こわい」と思ったところで何も無いんだけど。寿命がどんどん長くなる現代に生きる私たち若者は不死者になれるのだろうか。百年後の未来も確認することが出来るのだろうか。想像した夢のような話も現実になるのだろうか。私の隣には好きな人がいるのだろうか。