11.18-11.20

前回のこういうえんそく主催って中野のDVDが出た時だったか。あの時も楽しかったなー。

BLAZEは大好きなシードルがドリンクであるし、綺麗だしすき。

告知から衣装お披露目。白い衣装ってえんそくだと新鮮だなと思った。見る限りまたコンセプトがしっっっかりしてると思うので、解説がとても楽しみ。
ぶうさんの衣装は「所謂」の詰め込みって感じで良い。ネクタイにENSOKUという文字がプリントされていてとても凝っていた。
ミドさんは最初のふんどしに見えてしまったけど、なるほどキューピッドか!と途中で気がつく。クラオカさんとJoeさんの羽がふたりでひとつというのも「所謂」で良い。良いしか言えないなぁ。

まずはオーケンさんの弾き語り。以前鬱フェスでも見たけどかっこよかった。アコースティックの浸り方はえんそくで教わったと言っても良いくらいそれまで全く興味がなかったんだけど(シンプルな作りのものがなんでもあまり好きではない)こうやって穏やかに染み込む音楽もいいなと思う。ぶうさんとのデュエットは香菜、頭を良くしてあげよう。オーケンさんの雑(?)な解説に「そんな曲ですか!?」というぶうさんはとてもこじらせバンギャルのようで微笑ましかった。
終始ニコニコとオーケンさんの隣で歌うぶうさんが平和の象徴のようで穏やかーな気持ちになった。

各バンドぶうさんが乱入。マイナスのゴスロリ、ジンマの黒歴史はなるほど!という選曲だったがHEROだけ斜め上変化球という感じだった(しかし良かった)それもまた中二的で良かったのではと適当なことを言ってみる。

えんそくは久しぶりの曲も多くとても楽しかった。新しいSEは今までで一番好きかもしれない。また聞くのが楽しみだし、きっと来年発売されるシングルには入ってるのかな?それも聞くのが楽しみ。
新章ということで、新世界の曲が多く選ばれたのかな?と邪推。
全能感万能感に包まれたぶうさんが歌うハロゴは過去一番にかっこよかったと思う。

新しく出た会場限定音源はえんそくに新しく出会う人こそ聴いたらいいと思ったけど、私みたいな三年選手みたいな人もちゃんと楽しめて好きでした。(突然の語彙力破綻)
中二病の救世主は「あの頃のヴィジュアル系…†」みたいなメロディで、以前どこかで見た「えんそくはオバンギャホイホイ」というワードがしっくり当てはまると感じたので、ぜひその年代が好きなバンギャルバンギャルは聴いたらいいと思う…。(噂によるとでぃるっぽい!や、ぴえろっぽい!ということである。)
歌詞はぶうさんのトゲが丸出しという感じで、アウェー対バンで聴くのが楽しみだな…!と思ってしまいました。
あと、ライブ中、中二ぽいポーズを決めるメンバーにも注目である👼
トゲの中にも遊び心、救世主の場合はミドさんのラッパソロなどを忘れず織り込むあたりがえんそくらしさだなぁと思いました。あの部分でザワっとするミドギャさんたちが可愛いです。あとツインギターソロがあるのも好きなので、大きい会場で見られるのが楽しみです。

ここからは11月20日YURAサマが作ったスタジオこけら落としトークイベントについて。

いろいろお話していたけど、YURAサマとぶうさんがお互いに褒めあっててそういうぶうさんを見るのって珍しいなと思いつつ、褒め合いに全く嫌味がなくてすごいな…!と思いながら聞いていた。
特にYURAサマはえんそくの事をすごく褒めていて良い先輩だなぁと思った。(身近にこういう人ほしいなぁと思ったくらい。)今日はYURAサマという黒も白も持ってるような人がぶうさんの話を聞いてる状況がとても良かった!トークイベントは好きなんだけど、どうしてもライブよりも腰が重くなってしまうけど、今後は頑張っていこうと思ったー。

ざっくり👼