余談の余談

旅行中、あるツイートが話題になって他のバンドの方からのえんそくの見方が変わっていってたのがすごい悲しいなーと思っていた。

 

帰ったということに間違いもないし、私が心の底から楽しんだ事実も間違いないと思う。幸いなことに、私の周りの人たちはみんな楽しそうで、運が良かったなぁと思う。

 

ほんとに、何が悲しいって旅行中、みんなが楽しみすぎてTwitterに触れていない時にそのツイートが拡散されて(実際私が見たのも数時間あとだった。周りの人もそういう人が多かった)その短時間のあいだに「えんそくの見方変わったわwww」「えんそくの旅行地獄じゃん。」などのツイートがくりひろげられていたことだった。

旅行が終わり、何を呟いても「信者乙www」という感じで見られているのかなぁ……と思うとすごく虚しくなった。

 

宴会芸が死にそうになってたことも事実だったけど、私が、私の友達が、「でも総合してみたらすっごい楽しかった!」ということも事実だ、ということをその「見方変わったわwww」と言っていた人が知ってくれてたら嬉しいなぁーと思う。

いや、ほんとにしんどかったけど!!!!

わたしはしんどすぎると睡眠ができなくなってしまうんだけど、その一日目が終わった日は2時間も寝られなかったし!

私はまだ社会人として生きていないので何を言っても説得力が無いかもしれないけど。

誰かが言ってた「バンドマンはいろんなものに縛られてる社会人を知らなさすぎる。」というツイートには、「でも普通に働いてる人もバンドマンのこと深く知らないからお互い様じゃん!!」ということを声を大にして言いたい。どっちも大変だよ。そんなの。

 

ここから先は、起こったことに間違いはなかった、私の主観ということを念頭に置いてもらいたい。

 

こんなの誰もがわかってると思うけど、なにかの出来事に全員が同じ感情を抱くことなんて出来ないということ。

わたしは22年の中で大多数と一緒に楽しむことが出来ないことの方が多かったので、帰ってしまった方がでたという事実もものすごく良くわかる。

わたしは、もうそのへんの諦め?というものがついてしまっているのか、みんなが楽しぃー!!としてる時に自分が楽しめなくても「あぁ、今日は楽しめないサイドの割合に入ってしまったんだなぁ。悲しいけど、次は楽しめたら良いなぁ。」と思うだけというか。

何事も割合で決まってると思っちゃってるから、今回は運良く、総合評価が楽しかった多数派に入れたのかなと思う。

 

私だって不満だっていろいろあったけど積み上げて行ったら楽しいの方が勝っちゃったからさ。

なんかもう!しょーがねーじゃん!としか言えないわ!!笑

 

帰っていった人たちはもうえんそくに来ない、と言ってるわけだし。世界は割合だからその人達の代わりはそのうち現れると思うし。

彼女たちのなかの「えんそくがいたポジション」も、きっとそのうち埋まると思うので、双方が幸せな人生送れたらいいなぁとおもいます。

以上です。