12.6 TSUTAYA O-WEST

主催ぶりのライブだった。
旅行後だったけどいっぱい人のいるライブでとても良かった。(語彙力の欠如)
去年も旅行直後(去年は翌日だった。アホみたいなスケジュールだな…)で、でもAREAのいわゆるみたいな、主催でもなかったしバンド数も多かったので昨日のようなイベントではなかったと記憶しているー。

マイナス人生オーケストラ
最近はマイナスでも前方に行くことが多い。自分が元気で何よりだな…と思う。
前回えんそく主催で観た時はか弱い少年のようなもとはるが観れたのでとても嬉しかったのだが、この日はクソキチガイのような頭のおかしそうなもとはるを観られた気がしたのでまた別の充実感があった…。
いつだか少女雨のヲタ芸を「おかしい動き」みたいに言っていたけど、もとはる自身もイントロでくねっくねしていておかしかったのでおあいこだよ!と思うなどした。
裸の有様の「私一人死んで世界平和」の部分を熱量込めて口パクしているのがとても好きなのでそれも観られてよかったなぁ…。
マイナスの振りは「ぽさ」が強くていいなぁと思う。えんそくのくるくるモッシュみたいな?そんな感じ。どぐまぐやだいぶふぉーゆーである向かい合って咲く振りもそのぽさがあるので、照れるけど好きです👼

LIPHLICH
ほんっっっとに久しぶりに見た気がする。タイミングがあってた時はしょっちゅう見てた気がするんだけど。(ジャック含め)
見世物小屋感が強くなっててとても良いな…と思った。あと久しぶりに見てLIPHLICHってヴィジュアル系感ないなぁと感じた。あんまり異種格闘してるイメージないけどLIPHLICHこそそういうの向いてそうだな…と思ったし、野外フェスで青空の下のくがしんごとか超見たいなと思いました。
あとあいかわらずタッキーの顔が好きだーー!!!

ノイズ

音圧かやばい(感想文)
あと何故かノイズだけめちゃくちゃ時間長かった感覚だったけど、流石だなあとおもった笑
エンジェルさんがだいたいエンジェル👼

DOG in theパラレルワールドオーケストラ

初めて観る。今年は初めて観るバンドが多かったなぁ…。どのバンドも楽しくてそういうバンドは長く続いてるところばかりでやはり理由があって10年とか続いてるんだなぁ。
DOGさんは私がバンギャルを始めた時から雑誌などによく出ていたから知っている、「芸能人枠」なので、「ほわー芸能人がいるー。」みたいな感覚で観てしまった。想像よりたくさん動くバンドで、WODもあった。
印象的だったのはベースのメイさんで写真となんの代わりもなく、生身でPhotoshopかけられてるかのような顔面の持ち主だった。
今回は後ろで観ていたけど次回はもっと前の方でみたいなーと思うバンドだった。

えんそく

旅行ハイが抜けきれなかったのと、何故か地のテンションが高かったのでアホみたいに騒いでしまった。
まず新SEが好きすぎる。わたしがえんそくに行き始めてから出たSEで一番好きかもしれない。
マッケンローは何度聴いてもぶち上がれるので最高。頭のスイッチを壊すのに一番いい。
机上の空論は久しぶりだった気がする。最近は「今日の運動」がずっと同じなのでそろそろその日限定変わり種運動が見たいなぁー。クラオカユウスケのスクワットはスクワットでないのが好き。ミドさんはよっこらしょ感がある。
旅行の合唱で歌った改造人間をやったのでまたその時の気持ちが蘇った。そうじゃなくても久しぶりにライブで聴けたのでとても嬉しい。改造人間は勝手に振り付け作りがちなんだけど、個人的にとても気に入ってるので今後もやって行きたい。
中二病の救世主はまだ振りが固まってないので好き勝手やった。この振りが固まるまでの期間が大好き…。ミドさんのラッパソロは「わたしも飛ぶ!」みたいな気持ちで咲いてたんだけど、あれは楽しいので推奨していきたい。
チェンソーは行きの電車で「もう聴けないかなー」などと考えていたので、その日中に願望が叶った笑。よく考えると音源リリースか7月末、新コンセプトが11月中旬なので、およそ3ヶ月しかチェンソーの期間がなかったわけで、(個人的なことでいうと夏のクラッシュ行かなかったのでそのせいもありあまり聴いてない)今後ももう少し聴けそうで良きかな。
チェンソー前、暗転してイントロとともに赤い照明がつく。その中でじわじわ口角が上がっていくぶうさんがそれはもうかっこよくて、そういうぶうさんを見ると人の目とか振り付けとかどうで良くなってその様をどうにか脳みそにぶちこむのに精一杯になる。
MCも絶好長だったしライブもかっこよかったしとても良い日だった。

あといろんな人と珍しくたくさん話したので疲れた笑
あとは年末の寺子屋忘年会だけなのでそれまでいろいろ頑張るぞい🤯