君を連れ出せ

 

エクストリーム休日出勤でございます。

しかし暇すぎて給料泥棒!と言われないか不安でございます。

 

こんな日は素敵な誰かが弊社の窓ガラスを割って飛び込んできてほしいですね。そのままその窓から2人で飛び降りて、パラグライダーよろしく空を飛びたいですね。

 

先日、スマートフォンの待受画面(とあるバンドマン)を表示したまま自宅の机に置いておりましたところ、それを目撃した母が「あんた!気持ち悪いのどうにかしなさい!」と言いました。恐らくマジな嫌悪感ではなくちょっとしたおふざけでそういったんでしょうね。

しかし!おふざけとはいえ他者の好きを貶していいもんかね!ていうか最高に美しいだろうが!この美しさがわかんないなんて人生損してるね!!

まぁ大人なので癇癪を起こしたりはしなかったですけど。

 

母や妹たちはいわゆるメジャーなものが好きで、マイナーなものには疎いし好感も持ってない人達だと思います。たぶん。

その反対に私はいわゆるマイナーなものを愛でることが多いです。

しかし母や妹たちと違うのは、メジャーなものも好きだということです。まぁそもそもメジャーなものが好きだった畑の出身なのでそりゃそうなのだけど。

ジャニーズも好きで聴くし、機会があればコンサートも仕事休んでいくし、育ちはジブリですし、パプリカも観るし(これはメジャー?)、ディズニー音楽も聞くし、星野源も好きだし、女王蜂も聴くし、友達が勧めてくれた公式のフォロワー数百人のバンドもひっそりと聴くし、東野圭吾も読めば嶽本野ばらも読みます。

 

こう、何かを貶して何かをageするひと?(〇〇はかっこいいのにそれに引きかえ△△は…みたいなやつ)そうするしか能がない人を見ると、ああ勿体ない…と思うんだよ。

そもそもこの世につまんないものなんてないと思うんだけどね。たとえ感想が「つまんなかったわ」でも、それを誰かと共有して「まじかよ〜!」とかなればもう面白い思い出に変わるじゃないですか。

わたしは、そうやってみんなが思えたらいいなぁと思います。

そこの君を、そういう世界に連れ出せたらなぁとおもいます。(こじつけ)

まぁつまんないものはつまんないけどな。