LOVE、LIKE、Favorite、RESPECT

LGBTだとかいろんなジャンル分けがされてるけど、そこにすら入れない人はもっと疎外感が増してしまいますよね。

 

かく言うわたしもそうじゃなかろうかと思ってはいるけど、完璧に断言出来ないなんとも微妙なところにいるます。

 

例えば、たまに結婚したいなと思い未来を想像した時そこにいるのは男性だけど、好みの女の子から告白されてほんとに好みの顔だったり雰囲気してたら付き合ってもいいかなとも思うし。

 

そもそもわたしは恋や愛や結婚だお付き合いだというものについてまわる性的欲求というものが欠けてるのか誰かを好きになれどその先を想像出来ないので(というかそんなのいらなくね?3大欲求なんて1人でも解決できんじゃん)結婚も恋愛もいらんがな、とおもっております。

でもまぁ大好きな人間を特別と認識して拘束したい気持ちはわかるし、その結果がお付き合いであり結婚なんだと思います。

 

!一般的に!恋愛というのはそういう性的なもの込みだとわたしは思っているし大多数の人がそれ込みだと認識していると私は思っているので、それを解決してあげられない、それらを満たしてあげられないのは大変申し訳ないなぁと思うと自然とストッパーがかかってるのかも知れません。っていう言い訳ですね。

 

高校生くらいまではなっかなか人をLOVE的に好きになれず悩んで、 無理矢理にでも恋愛的なことをしたら芽生えるんじゃないかと思ってお付き合いを試みたこともあるけど、べつにめんどくさいだけでしたね。ほんとめんどくさかった。多分ああいうのって好きだからこそ霞んで見えるし乗り越える的なことが出来るんでしょうね。

大して思い入れのない人間にするもんじゃないよ恋愛なんて。

 

特別と認識して拘束することがお付き合いしたい気持ちならば、わたしにはそう思える相手は全くもっておりませんのでこのパターンも今は使えないわけです。考えてみると今までにもいたことはありませんね。

ハードル高いなこのクソ女といわれたらそれまでだけど、特別を妥協する必要あんのか?と思いませんか。特別好きなお洋服にはエマール使うし、特別好きなお店のケーキはきちんとしたお紅茶を入れてきちんと座って食べるでしょうが。

私にとって特別拘束したいだれかっていうのは、私が一等おめかししてだらしない姿なんて見せらんないわ!と思える相手だと思う。

ゆくゆく結婚を考えたとしても気の置けないとだらけるは全く別物だと思うし、特別な相手の前でゆったりするにもきっとちゃんとした格好でちゃんとしたお茶やお菓子を用意してゆっくりするでしょう。

 

こんなんだから恋愛できないんだよな。

したくもねぇけどな!!!!!

 

この記事にあーおれも、わたしもーとおもうみなさんぜひお付き合いしてください(なんだそりゃ!)