社会人バンドマンを好きになろう

拝啓、バンギャル各位健やかにお過ごしでしょうか。わたしは夜勤明けでとっても眠いです。いや、わりと眠れた方だけど今日は。

 

皆様におかれましては日々労働を強いられてることかと存じます。大変ですよね。Twitterなどを見ていると、私がいかに楽な社会人生活を送れているか痛感致します。体力を消耗するわけでもなし、頭脳を使うわけでもなし、まぁ私にはこの位がちょうどいいので本当に有難いなぁと日々思っております。

 

最近になり、バンドマンの皆様の中にも社会人としてお仕事を全うされている方がわりと多くいることを知りました。アルバイトをしている人がいることは知ってましたが、ちゃんと会社に行き給与から税金をひかれている方が結構いるらしい。(多分私の行っている界隈はおじさんバンドマンが多いということもあると思う)

ブログなどで「連勤が」などと言っているのを見ると妙に親近感がわきますね。

 

この前読んだマツタケワークスのエイジさんのブログに新人を3人研修しましたと書いてあって、あの雰囲気で研修なさるのかな…と思わず想像を膨らませてしまいました。エイジさんの研修受けてみたい。

 

以前、Twitterで「バンドマンは普通に働いてる人のことわかんないからそういうこと言うんだ(意訳)」的なツイートを見ました。いやそりゃそうだろって感じですよね。一般的な確率からしてバンドマンの方は普通に就職をしたことがない人が多いだろうし、就活ってどんななの?みたいな人も多分多いと思う。それを「わかんないの?わかりやがれよ。」みたいなことを言うの頭悪そう。あ、今のは暴言でした。

そんなこと言ったらわたしたちは彼らのこと何も知らないに等しいと思うんだよね。

どこかでえんそくのjoeさんが「意外とバンドマンは事務作業多いんです。」と言っていて、例えば物販特典の音源やDVD焼いたりとか。あとインタビューのチェックだとか、デザインやる人ならそれらのチェックも事務作業に入ると思います。

つまりお互い様だから、お互いのわかんない部分には深入りすんなよ。ということだと思う。これはもう人間関係の全てに通じると思うけど。

 

私も社会人になってああそうだなぁと思うことの一つに、「仕事を休んででもきてください、来た方がいい。」というのはなんだかなぁと思います。

うちの会社はわりと平日も休ませてくれるけど、それでもやっぱりすいませんここを休ませて欲しいんですけど、という申請はしなくちゃいけないし。まわりを見ていると人数かつかつで回していたりする場合が多いので、一人欠けると回らないとか結構あるんだなと思いました。休みやすい弊社の場合でもそりゃライブは遊びに行くのと同じ扱いなのでやっぱりちょっと後ろめたさはあるし、特に私は有能な人材って訳では無いので物凄く会社に還元できるものがあるとは思えないし(頑張ってはいるけどね!)、人数かつかつとかお前がいないと回らないんだという会社にいる人は、その罪悪感がもっと強いと思うし。

でもなんのために仕事してるかって、バンギャル各位はバンギャをするために仕事をしてるわけです。

それを!社会人した事ねぇお前に安易に仕事休んで来いって言われたくねぇーー!とは思いますよね。思わざるをえないですよね。でもバンドマンが言う「仕事休んででも来てほしい。」はそれだけ自信のある証拠でもあるよなぁとも思うので、無下にもできない。

個人的にどこで誰が言ってたか忘れたけど、「僕はきみたちのことわからないけど、いつもお休みを取ってくれたりして来てくれるのとても嬉しいです。」というのすごく嬉しかったです。

たまに親族を殺してでも来い!という人がいますが、歳を重ねると家族の大事さがわかるのでいざ親族の葬式なんかに死ぬほど大事なワンマンとか被ったら葬式を優先するでしょうね。わたしは、だけど。だって家族も大事だもん。

 

長くなりましたが、最近好きなバンドマンは社会人なんです。会社に勤めてその合間にバンドマンをやっている。joeさんの発言をそのまま受け取るなら、バンド関係の事務作業もきっとしているわけで。普通に絶対大変だろうなと思います。わたしは2個のこと同時にするのすごく精神不可がかかるので大学行きながらバイトするのも結構荒んでました。なんなら今よりしんどかったと思うもん。

 

私はしんどかったり荒んでたりすると結構相手の発言を(バンドマン相手にも)突っぱねるようなことをしてしまうんだけど、だから親族殺してでも来いとかほんとにうっせーばーーか!!てめぇより背負ってるもんがあるんだよ!とか思っちゃうし、普段はそんなこと思わないですけど!

バンドマンだけをするのも大変なことは重々承知な上で、なんか殺してでもこいだとか言ってるけどこの人たち会社とか社会とか私より知らないじゃん、と不貞腐れてしまうことも多々あるわけです。本当に申し訳ない。これは切羽詰まってどうしようもない時に思ってしまうので不可抗力だ。

でも!でもですね!社会人バンドマンを好きになって思ったんですけど、彼らはそういうことあんまり言わない気がするんですよね。

今好きなバンドマン然り、エイジさん然り、ピノキヲのおにいたま然り、あれ?なんか尖ってそうだけど物腰は柔らかいというか社会人の協調性ってやつかな…って思うわけです。

おにいたまは先日福岡?の平日でワンマンを開催していましたが、ソールドしていたようで、わたしが見ていた限り来てくれたら絶対に楽しくさせる!ということは言っていましたが親族殺してでもとかそういう物騒なワードを持ち出したりはしなかったと思うんです。福岡、普通にお金が無くて行けなくて残念だなと思ってたので今度は東京で開催して欲しいです。

関係ないかもしれないけどエイジさんもライブの度に「お怪我のないように楽しんでくださいね」と言ってるし、わたしが歳をとっただけかもしれないけどそういうふんわりした経験値!みたいなことを言ってくれる人にどんどん安心感を覚えるようになってきていますね。

 

話はそれたけど、社会人バンドマンを好きになるとその辺ギスギスしないでいいですよ。

仕事が凄まじく忙しくて「このまま窓から飛び降りてぇ…」と思っても、今日もどこかで本命も働いてるんだ…!週休二日で…!と思うと、大抵の事はどうにかなります。実際先週死ぬほど忙しかったんだけど、どれくらいやばかったかと言うと大好きなデカビタ片手に週末のライブを思い描いても乗り越えられなさそうなくらいでした。でも今この瞬間も(ryと思うと頑張れたし、無事に夜勤帯の方々に最小限の仕事量で引き継ぎができました。すげぇ。

 

なんて言うか、やっぱり人間同じ境遇の人間に親近感がわくんだと思う。親近感があるひとの発言は信頼性が増すし、社会人バンドマンってそういうことだと思います。

 

バンドマンの発言で荒みがちなそこのきみ。

社会人バンドマンおすすめですよ。