みすった

みすった!仕事でミスった!一度かけ違えたボタンを戻すのは難しい!

私がいる時間にミスを直せなくて非常にごめんなさいでした。うっかり間違えた操作をしてしまって(仕事のやり方も理論もわかってるんだけど、本当にたんなるケアレスミス。楽をしようとしたせいだ。)その結果がこれである。

 

ついでに言うととてつもなく眠たくて気が気じゃなかったし、休日は閉まってる出入口に行ってしまってタイムロスだったし、小さいことが重なってわりと、けっこう、おちこんでいます。

うむむ。

 

大人になるとぐずっても誰もご機嫌とってくれないんですよ。びっくりしちゃう。

これが一番大人になったなと思う瞬間だし、切なくなっちゃうし、もっと落ち込んじゃいますね。

 

落ち込んでも仕方ないので、大人は大人なりのご機嫌のとり方してやろうじゃないの。

飲酒とか!高いスイーツを買うだとか!!

と、思ったけど、なんかそれしても落ち込むなぁ。こんな時はもう大好きなバンドの曲を聴いて寝腐るしかないのだなぁという所はバンギャルですね。

 

こう。根っこが未だに子供っぽいんでしょうね。子供っぽさとは頑固さだと思います。

ゴリゴリに頑固な自負があるので、親しい方には子供扱いしていただけたらというお話はしてあります。子供扱いされるのも好きです。だので、年上の方が私の周りには多いです。

でも23歳なので、大人だし、なんか職場に後輩入ってきたし、奨学金の手続きしなきゃだし、年末調整の書類書くのめんどくさかったし、ああああああああぁぁぁ子供扱いして欲しい。

慈愛に充ちた目で見て欲しい、子供だねぇって笑って欲しい。嘘みたいな約束をして欲しい。6歳くらいの女の子と男の子が「おおきくなったら結婚しようね!」っていうのみたいなのに、いまだに憧れる。ケーキ買ってきて欲しい。ファミレスのドリンクバーの選択肢の多さにときめきたい。だれもしてくれないから、じぶんでするけどね。

 

うーんにしてもおちこむなぁ。

とりあえず甘いものでも与えて様子を見てみたいと思います。